アフリカンプリント柄の意味 その8


 

こんにちは。

今回でアフリカンプリントの意味、一旦最終回です。

 

 

スツール・賢明なる先人からの教え
11061451_563c3ff00664d

http://www.ourense.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=1939
S3 wo b3 ka me hu as3m a fa akonya tinase (Stool) “Wobeka meho asem a, pe akongwa”
読めないですね…(^▽^;)。
こちらはいつものアカン語(主にガーナやコートジボワール東部に住むアカン族によって話される言語)の諺で、「私の事を話したければ、スツールを持ってきて座りなさい」の意味。

 

立ち話で人のことを簡単に話そうとするな(ウワサなどの事ですね)、その人について座ってじっくりと話すべきことを話せ、つまり、ゴシップに対する警告であり、真実は常に表に現れるものである、という事を示唆している諺だそうです。

 

その諺の意味を表す柄がスツールになるところが、面白いですね。

 

 

ちなみに「アフリカンプリント」「スツール」で検索すると…

61f3ea932eb9f32df5869b8b7d61f573

こういう画像が出てきます。

 

…確かに、アフリカンプリントのスツールですよね~。

しかもカワイイ♡

 

 

こういう画像に混ざって、同柄でちょっと違った見え方のものも出てきました。

afc3adb080ca686c6e2994c31d2ff76e

柄の仕上がりが地域や時代によって少しづつ違うのも楽しい。

b2bbbd558a00140a3ba25c87d58fb402

これなんか、見つけたら仕入れるんだけどな~~笑。

 

 

 

この柄も古典柄の一つなので、こういった意味が伝えられている訳ですが、新しい柄についてはデザインしたひとの思いはあったとしても、それが伝えられることがないので、分からない。

デザインが淘汰されていく過程で、残っていくものはその意味の追求がなされたり、あるいは後付けで意味合いが出てきたりするのかもしれません。

 

 

色々な資料があるようでないようなアフリカンプリント。

今出来る限りで調べてみたのですが、購入した本によっては「うーーん…普通に柄の説明やん」(例えば、「これは花の柄です」みたいな感じ。笑)、と突っ込みたくなるようなものもあります。

そういったものはここでは特に紹介しておりません。

 

 

また面白ネタが出てきたらご紹介させて頂きますね!